卓球 下回転のボールを簡単に持ち上げる2つの方法

卓球 下回転のボールを簡単に持ち上げる2つの方法

卓球では、下回転系のサーブから展開を作る人が多いです。
下回転のボールを打つ事が苦手な人も下回転のサーブを出すのが面白いですよね?
今日は下回転のボールを簡単に打つ方法を投稿します。

ボールを下から見るように打つ

下回転のボールは上から打つとネットミスしやすくなります。
姿勢を低くして打球するとボールが入りやすくなります。
手だけボールのところに持っていく人もいますが、若干の回転量の差でミスになる場合が多いため、動ける場合はボールの下に利き手側の膝を運べるようになると良いですね!

足を運んでからドライブか、角度打ちをするようにしてみましょう!
ちょっとのことですが、安定感がかなり向上します。

動いてから打つ事は基本です。
動いてるつもりの人が多いです。

足を運び、ボールを下から見えるような位置で打球してみましょう!

ボールを体の横で捉える!

下回転をネットミスする人は、手が伸びた位置で打球している場合が多いです。

ネットミスが多いなと感じているなら、少しボールを引き付けて打球するようにしてみましょう!
持ち上げる高さは高くなりますが、少し余裕が生まれるので安定感を向上させることが可能です。

※注意点
・引き付けて打球するときに、パチーンと音が鳴る人はオーバーミスしやすくなります。腕を引き上げる時にグッと回転をかける意識をしてみましょう。

スイングは気にしなくも良いかも?

卓球って面白いのですが、足が適切な位置に動けば手が出るんですね。
逆に足が適切な位置に動かないと手を振らないといけないんです。

そのボールが打ちやすい所まで体を運ぶ事が出来るようになると安定感の向上・威力の向上に繋がります。

足がサボらないように注意してみましょう!