卓球 フットワークが出来るようになる練習方法は!?

卓球 フットワークが出来るようになる練習方法は!?

卓球で動けない選手は勝ちにくいと言われています。
動けないよりは動ける方が勝ちやすいですが、最近はフォアハンド・バックハンドをある程度打てないので動かない選手の方が勝てるときもあります。

闇雲に動いても頑張って動いているだけで試合の結果には繋がりにくいです。
試合の結果に繋がるようなフットワークを身につけましょう!

卓球で必要な動き方を覚える

卓球は前後左右に動く競技です。
はじめのうちは左右のフットワークで良いですが、レベルが上がるにつれて前後をプラスしないといけません。
動き方を覚えるには、ミスしても続けれるように初めは多球練習からオススメします。

  1. V字フットワーク
    1本1本の左右に動くフットワーク・半面の広さをゆっくり丁寧に動きましょう。
  2. 2本1本のフットワーク
    バックハンド・回り込み・飛びつきの繰り返しです。
    全面を使い大きく動く練習です。これもゆっくり丁寧に動きます。
  3. フォア前・バックロングの前後フットワーク
    フォア前から回り込みしても良いですが、最近バックハンドも打てないといけません。
    バックハンドドライブの練習も併せて取り組みましょう!
  4. バック前・フォアロングの前後フットワーク
    バック前に短いサーブを出され、レシーブ後に3球目をフォアに抜かれる展開は多いです。
    この練習は少し早めのボールを送り、フォアカウンターの練習をしてみると良いですね!

卓球に必要な動きはそこまで多くない

基本的なフットワークはこの4つです。

小刻みに動く練習は3点フットワーク等がありますが、V字フットワークと2本1本のフットワークで似たような動きを覚えれています。

1日にこの4つのフットワークを各2分と短い時間で良いので多球練習で覚えれるようにしてみましょう!
課題練習の時間があれば、その時間に取り組んでみましょう!

スイングした後の行動で差が大きくでる!

ボールを見すぎてしまうと、相手が打つまで動けないようになりがちです。
相手のラケットにボールが当たる前に、どこに打たれても反応出来る体勢を整えましょう。

腰を捻りすぎてスイングしている場合

ぐるっと大きくスイングするとやはり戻りは遅くなりがちです。
腰を最後まで振り切るのではなく、少し余裕がある所で腰を止め、肩と腕を使いスイングしてみましょう。
振り切り脱力すれば、腕は自然と体の中央に戻ってきているはずです。

ある程度動き方を覚えたら・・・・

上記の練習を取り入れ・ある程度動けれるようになると、運動能力で勝負します。
スムーズに動く足を作るために、ランニングやジョギングを取り入れましょう。
走るのはちょっと・・・という方は縄跳びがオススメです!

卓球の練習だけでは、練習の強度が低い場合があります。
自分に少し甘えがあれば腕を伸ばして打球してしまう。
ちょこっと動けばナイスボールが打てるのに、ボディワークだけで打球してしまう。
この1球の甘えで試合に負けてしまいます。

フットワークが出来るようになるために、フットワーク練習をするのではなく、ランニングやジョギングをした方が効果的です。
動き方を覚えたら、少しずつ取り入れてみましょう!