卓球 表ラバーを安定させる!スタンスの広さが重要かも?

卓球 表ラバーを安定させる!スタンスの広さが重要かも?

卓球では様々な種類のラバーがあります。
裏ソフト・表ソフト・アンチ・粒高と色々あります。
この投稿では表ラバーでの打球を少し安定させるようなコツを投稿します。
インパクトも大事なのですが、スタンスのことを紹介します!

スタンスは広い方が良いのか?

裏ラバーを使い、足で踏ん張りたい選手は広い方が良いとされています。
表ラバーで踏ん張りが必要なのかどうか?という所なのですが、実はそこまで踏ん張って打つと良いボールが打てるラバーではないのです。

踏ん張って打てるスタンスよりも、スパンと体を回せるようなスタンスが理想です。
スタンスが広くなりすぎると、体が使いにくくなってしまいます。
どちらかというと肩甲骨を使っての打球になってしまう為、フォア表にはあまり合いません。

表ラバーは肘から先を使い、コンパクトに打球する事が重要とされるラバーです。

スタンスは若干狭く、コンパクトにスイングのしやすい位置にしてみましょう!

下回転のボールを下から打つ必要が無い!

表ソフトラバーの特性として、回転に鈍感という特性を持っています。
下回転のボールをよいしょ!と持ち上げる必要がありません。
手を開いてパチンと打てば簡単に入れる事が可能です。
少し持ち上げれば簡単に持ち上げる事も可能です。

この2点からもスタンスを広くする重要性はあまりないですよね?

表ソフトは度胸でなんとかなるときがあります。
コンパクトに振りぬけばボールが入ってくれます。

スタンスを広くとって、よいしょ!と打っている人は安定感はあっても得点出来る打球が少ないです。

ボールの上から打てる位置を探してみましょう!
打点が頂点!
後は打ちおろすだけですね!

ボールの頂点より少し前で打球したい!

スタンスや、インパクトも大事です。

それよりも大事なのは、打点・タイミングですね!

ボールが直線的に飛びやすいラバーです。
頂点を逃してしまうと、回転をかける必要が出てきます。

なるべくならボールがネットの上にいるときに打球したいため、左右に早く動きやすいスタンスが求められます。

野球選手の内野手くらいのスタンスが良いですね!

前後左右に動きやすい形を作り、素早く動けるようにしてみましょう!

表ラバーを安定させるには?

1つしかありませんね!

「ボールを高い位置で打つ!」

これ1つです!
その為に、広すぎるスタンスではボールが高い位置で打球しにくいです。

ボールを上から見たいる方が簡単に打球できるので試してみてください!