卓球 クレアンガのバックハンドは10年前から近代卓球だった!?

卓球 クレアンガのバックハンドは10年前から近代卓球だった!?

卓球のクレアンガ選手をご存知でしょうか?
フォアハンド・バックハンド共に攻撃力が高く、常にフルスイングで打球しているイメージの選手です!
特にバックハンドのドライブ練習が参考になるので見てみましょう!

肩の位置が重要!

台の外で打つボールは肩を前に出してスイング
台の中で打つボールは手首をメインに使いスイングするそうです。

台上のチキータを打つ場合でも、まずは手首をメインにし、威力を出したいときや、手首だけでは持ち上がらない時に肩や肘を使うと良いですね!

バックスイングは小さめだけど、振り抜く意識!

日本で言う居合斬りバックハンドというスイングではありませんね!

お腹の前か、ちょっと横までバックスイングを取り、前に振り抜いています。

引いた分も戻すイメージでスイングしているのかと思われますが、非常にスイングが早いです!

コンパクトでも、振り抜く事で戻りが早くなります。

また、ボールが安定して入るようにもなります!

最後まで振り抜いてみましょう!

きっとボールが思い通りの軌道で飛んでいってくれます!

バックハンドで卓球台の3/4をカバーできる!

基本的に動いてフォアハンドでと言われた時代に卓球をしている人には目から鱗のような話しですよね?

フットワーク・ボディワークを適切に使えば、フォアハンドよりも簡単に威力のあるボールが打てるようになります!

バックハンドで適切な位置に動く練習をしてみましょう!

フォアハンドの練習が多すぎる!

今はバックハンドが出来ないと試合に勝ちにくくなっております。
しかし、指導者の時代はどうでしょうか?
フォアハンドメインで練習していた人ばかりですよね?

その関係で練習はフォアハンドを重点的に練習する人が多いです。

バックハンドもフォアハンドと同じくらい練習をしてみましょう!

無意識についてしまった苦手意識がなくなるかもしれません!