卓球 サーブの回転量が絶対に上がる!自分の出しやすいインパクトを知ろう!

卓球 サーブの回転量が絶対に上がる!自分の出しやすいインパクトを知ろう!

サーブのかけ方は色々な人が投稿していたり、参考になる動画を配信している人が多いです。
しかし、サーブの出し方やフェイクの仕方の投稿が多く、あまり参考になる人がいないです。
もっと困っている人は、自分に適した回転のかけ方が理解出来ない人が多いです。
2種類のサーブのかけ方を紹介します。

ボールとラケットをぶつける!

トスが斜めになりすぎないようにだけ注意しましょう!
このサーブの出し方は、腰を上手く使います。
体の回転を使い、横から前に向くときにラケットをボールにぶつけ、サーブの回転をかける出し方です。
このサーブの利点は、バックスイングは全て体で作る為、ラケットの角度と前にスイングするだけでサーブの回転量を上げる事が可能です。

サーブのスイングがコンパクトになって、回転量がわかりにくくもなります。

腰の使い方が非常に大事になるので、意識してみましょう!

フォアサーブであれば、後ろから前に向く時にインパクトする為、違反サーブにもなりにくいです。

腕のスイングで回転をかける!

下回転ならボールの下を擦る
上回転ならボールの後ろを擦る
このように、スイングで擦る位置を決めサーブを出します。

ボールの下をスイングで抜けていかないと回転がかけにくいです。
もしくは、ボールに当たった瞬間にラケットを引くようにしてみましょう!
前に飛びすぎないようにするためにも必要な技術です。

回転もかけやすくなるので練習しましょう!

サーブ練習は嘘をつかない!

自分の意識1つで出来る練習です。
練習場所があれば、1人でも出来る練習です。
ボールを2個か3個持って、練習の待ち時間等に少し取り組むのが良いですね!

サーブの重要性が向上しないと、サーブを練習しても中々効果が出ない練習です。

どうしてサーブの練習をするのか?
どんなサーブが必要なのか?

この2点を考えながら練習すると効果が上がるので意識してみましょう!