卓球 バックサーブを覚えよう!変化付けるのが超簡単!?

卓球 バックサーブを覚えよう!変化付けるのが超簡単!?

卓球ではフォアサーブを出す選手の方が多いです。
回り込みの位置にスタンスを取れる点や、腕の自由度が高いためフォアハンドサービスを好む人が多いためです。
バックサーブは非常にわかりにくく、変化の大きいサーブを出すのが非常に簡単です。
練習してみましょう!

バックサーブの基本

下回転のサーブは肘を支点にして回転をかけます。
ボールの下を擦るように前にスイングしてみましょう!
簡単に下回転のサーブが出せるようになります!

上回転のサーブは肩を支点にして回転をかけます。
ボールの後ろを卓球台のエンドラインと水平になるようにスイングしてみましょう!
横回転の強くかかかった上回転サーブを出せるようになります!

バックサーブは回転を読みにくい

上記2つの基本を混ぜたサーブモーションを作ります。

体の横で捉えると下回転
体の前で捉えると上回転

このような意識でサーブの練習をしてみましょう!

同じ構えから違うサーブが簡単に出せるようになると、試合でも有効なサーブになります。

台の中央で両ハンドを使い攻撃する人には最適なサーブになるはずです!

普段使わないサーブは理解出来ない!

バックサーブをメインで使う選手や、バックサーブの知識が無い人に当たった時にこのサーブを選択しましょう!
相手がバックサーブの基本を理解していない状態の選手なら簡単にサービスエースを取る事が可能です!

バックサーブを練習しよう!

相手のフォア前にアップ系のサーブ
相手のバックロングにダウン系のサーブを出せるようにしましょう!

腕で回転をかけるのではなく、腰の使い方が一番大事です。
体を横から正面に向けるときの腰の入れ方で回転量が大きくかわります。
インパクトが強くなれば、ロングサーブも早いサーブが容易に出せるようになるので練習しましょう!