卓球 調子が悪い時は機材を疑え!何かがおかしいかも!?

卓球 調子が悪い時は機材を疑え!何かがおかしいかも!?

卓球でラバーを変えた直後におかしいな?と思う時はありませんか?
もしくは、同じラバーの新品に変えただけなのに調子が悪くなる
このような人もいるかと思います。
なんでこんな事になるのか?
少し考えてみましょう。

ラバーが貼れていないかもしれないぞ

接着剤が上手に塗れていないと、ラバーがきちんとくっついていない場合があります。
厚く塗りすぎると良くありませんが、ケチケチする方がもっと良くありません。
スポンジで塗る場合はある程度吸い取ってくれるので、気持ち多めに塗ると良いですね!

ファインジップを使う場合、固まってくるとダマになってしまいます。
時間との勝負なので素早く塗ってしまいましょう!

ラバーを変えるのが遅かったのかも?

長い期間変えていない人はラバーの性能が大きく変わります。
同じラバーに変えても、なんか違うな?と感じる人はラバーがかなり劣化した時に交換している場合が多いです。

この場合は、少しすれば回転のかかるラバーに慣れるので、少しの辛抱で済むでしょう。
試合を控えている人は1週間前、練習が2回ほど出来る時期に交換をするのをオススメします。

接着剤が違うかも??

どの接着剤でもラケットに貼れていれば良いと考える人もいるかと思います。
しかし、木とスポンジの間にボンドが入る為、接着剤の違いで若干感覚が変わります。
自分の調子が出る接着剤を見つけてみるのも楽しいかもしれません!

僕はヤサカさんの、「のり助さん」が一番良いと感じています。
厚塗りしたい人はファインジップの方が良いですね!

弾ませたい人は厚塗りすると良く弾むようになるので1度試してみて下さい!