卓球 粒高ラバーを安定させよう!2つの意識で安定感UP!

卓球 粒高ラバーを安定させよう!2つの意識で安定感UP!

卓球の粒高ラバーをご存じでしょうか?
下回転のボールを上回転で返す事が出来、上回転のボールを下回転で返す事が得意なラバーです。
非常に面白く、奥が深いラバーです。
変化が多ければ多い程、不安定なラバーです。
はじめは変化の少なめの物を選ぶようにしましょう!

押して良いボールは1種類!

粒高でボールを押すとかなり不安定なボールを送る事が出来ます。
しかし、特定の回転のボール以外を押すと入れる事が非常に難しくなります。

押しても良いボールは「下回転」のボールのみ

下回転のボールなら押しても不安定になりにくいです。
ボールの後ろにラケットを入れ、前にプッシュしてみましょう!
若干の上回転、もしくはナックルのボールを相手コートに深く早いボールを送る事が出来ます。
軽い上回転が勝手にかかる為、安定感がUPします!

安定感がUPしない人は、どの回転で勝負しやすいか考えてみましょう。

上回転のボールは我慢!

上回転のゆっくりなボールをブロックミスする人が多いです。
まっすぐ当てるとボールは上に飛ぶのに、少しラケットを被せて当てるとネットミスになります。

はじめて使った時に感じる事は・・・「なんだこれ!?」です!

上回転のボールを安定して返す方法は、少し被せてラケットを構えます。
後ろから前にボールを押すのではなく、前から後ろにラケットを引くように打球します。
相手の回転が凄くかかっていたら、台上カットも視野にいれるのも有りです。

上回転のボールを腕を伸ばして打つような事になると、安定感が落ちてしまいます。

「相手も打ちにくいんだ!」という意識で我慢してボールを返す意識だけ持ちましょう!

ボールとの距離が一番大事!

ボールとラケットの距離が大事です。
ボールから遠い位置で打球するように腕を伸ばしてしまう事が不安定になる原因の1つです。
ボールの近くにラケットを運んでからやさしく打球するように心がけてみましょう!

粒が同じ角度に倒れる事でボールが狙った角度に打ち出せるようになります。

ボールの遠くから打ってしまっている人は、まず近くにラケットを持っていき、当たる瞬間からスイングを早くするようにしましょう!

変化をつけて勝つのではなく、安定感で勝つ!

粒高ラバーを使う場合、不安定なボールをいかに安定させるかが重要です。

得点の出来るボールを選ぶ選球眼

相手のボールよりも1球多く返す根性

この2つが粒高ラバーを使う為に必要な物です。

シェイクハンドの場合、レシーブが苦手という人は粒高を片面に貼ってみるのもオススメです。
レシーブを変化させて入れる事が出来、相手が安全に打ってきたボールを狙って打てるようになると試合は勝ちやすいです。

粒高は初心者の力になりますが、粒高の基本を知らないと勝つことは難しいです。
粒高の基本を練習しましょう