卓球 バックハンドドライブで重要なのは…これで下回転打ちは完璧!

卓球 バックハンドドライブで重要なのは…これで下回転打ちは完璧!

卓球で大事なところはラケットの軌道等を意識するかと思います。
バックハンドドライブの練習中に、脇をちょっと広げてみよう!となって打球してみたら良い感じに打球できたので紹介します。
これでバックハンドドライブが出来なくて悩んでいる人の力になれればと思います。

大事なのは肩の動かし方

バックハンドドライブを習う時に、はじめから脇を広げて、肩を若干上にしている人が多いかと思います。
上回転のボールを打球するときはそれでも良いでしょう。
しかし、下回転のボールを打つ時はどうでしょうか?
体の使い方でボールを上に擦り上げる!と考えている人も多いかと思います。
それはそれで正解なのですが、上手に出来ない人は、肩でボールを持ち上げるイメージをしてみましょう!

打球点からネットより高い位置に肩でボールを持ち上げてから肘、手首を前にスイングし打球します。
肩で持ち上げる事で、打球したときには下回転のボールではない!と意識して前にスイングしてみましょう!
下回転のボールを簡単に打てるようになるはずです。

ボールのどこを捉えても良い!

ボールの回転軸に逆らってスイング!と僕も思っていました。
しかし、肩で持ち上げているので、必要な分を持ち上げたら前にスイングするだけで入ってしまいます。
下回転はボールの軸を外して打つ等、色々な事を考えていました。

どうやって打つと簡単かな?

どうやったら安定するかな?と考えている時期は長かったのですが、この肩の動かし方を理解しただけで普通に打てるようになりました。

バックハンドが苦手な人は肩がもしかしたら固まっているかも知れません!

柔らかく使えるように練習しましょう!

いかり肩にならない事!

肩をはじめから上げている人は、肘と手首しか使えません。

そうなってしまうと回転でボールを持ち上げるしかなくなってしまい、安定してきません。

肩と肘は下に向けている状態で、ボールを引き付けながら調整していくようにしてみましょう!
下回転のボールを打球する場合は時間が出来るので落ち着いてゆっくり準備しましょう!

上回転のボールは早く、伸びてきます。

しかし、当たれば入る!という意識で肩は意識せずに前にスイングしてみましょう!

下回転は怖くない!

この打法で下回転のボールが怖くなくなりました。
変わりに、、、回り込みの意識が減ってしまい、高いボールを打つのが苦手になりました。
バックハンドが出来るようになっただけでは試合には勝てません。

しかし、出来るか出来ないか?の2択で選択するなら出来る方が良いんです。

試合で勝てるようになるためのバックハンドを練習してみましょう!