卓球 サーブ練習の時に意識する3つの事

卓球 サーブ練習の時に意識する3つの事

卓球ではサーブ・レシーブが1番重要といっても過言では無いと思います。
そのサーブを練習する機会が1日の練習で何分かあるかと思いますが、その時に意識した方が良い3つのことを紹介します。
サーブが上達しないという人や、サーブが良くなっても3球目に上手く繋がらないという人に向けて投稿します。
この投稿を読んだら、サーブがちょっと良くなる!と感じて貰えるように投稿します。

フォームを意識する

サーブを出す時のフォームはどうなっていますか?
回転ばかり気にしてサーブを出していると、回転はかかっているが相手にわかりやすいサーブになってしまいます。
そのようなサーブは利用されやすくなってしまう事と、回転がかかっているので自分で攻撃がしにくいという事になります。
良い回転のかかったサーブを覚えても、フォームがわかりやすすぎるのは問題です。
フォームも自分で確認しながらサーブの練習をしてみましょう!

動画を撮ったりして見返せるようにするとGoodです!

サーブの高さを意識しよう!

卓球は回転の競技ですが、回転がかかっているだけでは勝てません。
回転がかかっているがボテボテの高いサーブになってしまったら意味がありません。
短いサーブ・長いサーブの両方を滑らせるように出してみましょう!

相手コートにバウンドしたときにネットより低くなっているのが理想です。

低いサーブの練習は、ネットの上・ボール+3センチ分くらいのところに紐を張れるようにして練習すると目安が出来て効果的です。

良いサーブも高くなったら良くないサーブになります。

注意してサーブの練習をしましょう!

サーブの戻りを早くする!

何のためにサーブを出すのか意識しましょう!
サーブだけで得点出来れば良いのですが、難しいですよね。
サーブの時に自分のボールを目で追ってしまわないように注意しましょう!

サーブが自分のコートについた時には体が戻っているような・・・

相手コートについてから戻っていては、ちょっと戻りが遅いです。
サーブを出して3球目を狙う為には早く戻る必要があります。

目安は自分のコートにバウンドし、相手コートに着地する前に戻れるようにしておきましょう!

サーブ練習の基本!

3つのことはサーブ練習の基本です。
回転がかけれるようになる事も大事ですが、サーブの回転をかけるだけの為にサーブ練習をしているのではないので注意しましょう!

試合で勝つのが目的なので、目的を見失わないようにしましょう!