卓球 粒高や異質ラバーでしか出せないサーブを覚えよう!

卓球 粒高や異質ラバーでしか出せないサーブを覚えよう!

卓球はサーブ・レシーブが大事な競技です。
ここが弱いと敵に負けやすくなります。
レシーブは相手のサーブ次第というところもあったり、入れるだけならなんとか・・・という人もいます。
自分のサーブの時にどうなのか?と考え、異質ラバーを使っている人にオススメのサーブを紹介します。

ナックルのロングサーブを出してみよう!

粒高や、異質ラバーでのロングサーブは簡単に出す事が可能です。
回転がかかりにくい為、まっすぐ前に押すだけでナックルサーブを出す事が出来ます。
滑るように低く出せれば、相手がネットミスする事間違い無しですね!
大事に入れてきてくれるとチャンスです。
そんなに回転のかかっていないボールなので3球目攻撃を両ハンドで狙ってみましょう!
短い展開が無く、簡単なラリーの展開になるので、大雑把な卓球を考えている人にオススメです!

ラケットを反転してサーブを出そう!

両面異質貼っている人はごめんなさい!
基本的には裏ラバー側でサーブを出しているかと思います!
横回転をかけて、粒で回転を残して押せば効果的!と大体の人が裏ラバーで出していますよね?
フォアサーブ・バックサーブのどちらでも良いですが、ラケットを引いて隠れる一瞬でラケットを反転してみましょう!

フォームだけ見て判断する人に当たれば、非常に効果的です。
下回転を思い切りかけてるぞ!と出しながら、粒高や異質だとそこまで回転がかかっていないのでオーバーミスを誘えます!

これは慣れが必要なのですが、ラケットを反転出来るとサーブの幅が増えるので是非試してみて下さい!

粒高のロングサーブは変化する!

同じようにサーブを出しても、上回転だったり、ナックルだったりと変化するようなサーブになります。
回転量が低いので、待たれて打たれると無意味になりがちです。
相手が大事にいきたい局面で使う事を視野に入れる事と、自分のサーブは変化するぞ!と頭に入れておくようにしましょう!

ちょこっとですが変化すると相手が微妙な返し方をしてきて変なボールが来るときがあります。
そのボールを簡単にミスすると、このサーブを出す意味が無くなってしまうので注意しましょう!