卓球 相手の調子を上げない方法・コース取りが大事!

卓球 相手の調子を上げない方法・コース取りが大事!

卓球ではコースを狙って得点を取る事が大事です。
しかし、対戦相手によっては動いて打つ事で調子を上げる選手がいる事は確かです。
こういう相手と試合する場合は回り込ませない、飛びつきさせないという事が大事です。
相手がどういったタイプなのか考えてコース取りをしてみましょう!

フォアハンドが得意な人はフォアクロス側が苦手

フォアハンドが得意な人の対策でバックハンド側を狙うはずです。
しかし、バック側を狙われる事に慣れている人は回り込んで打つ事を試合の中で沢山経験しているでしょう。
そのことから、回り込んで3球球目攻撃、5球目攻撃をすればするほど調子が上がってくる人が多いです。
ここで相手にバックハンドを使わせれると相手の調子が上がる前に試合が終わります。
フォア側に鋭いボールを送り、入れられたボールをバック側に強打する戦術が良いですね!

バックハンドが得意な人はコースをつかない

バックハンドが得意な人は、お腹の前でボールを打つ方が威力が出にくい傾向があります。
おへそよりも若干左側で打球する方が打ちやすいです。
その為、おへそよりも若干右の所を狙えると良いのですが、細かい事は難しいので正面に打ってしまいましょう!
ブロックでボールが1度浮いてこれば連打して畳みかけるようにしましょう!

同じコースに連打するのではなく、1度浮かせると相手が台から下がる傾向があります。
その時にサイドラインを狙うとノータッチで得点しやすくなるので、1球目は正面、2球目はサイドとコース取りをしてみましょう!

相手に得意な事をさせて調子が出ないと思わせる!

フォアハンドが得意な人に、あえてフォアハンドを打たせています。
打って入るけどいつもと違う。
このように思わせる事が大事です。
卓球の試合の7割はバックハンドにボールが集まります。
このボールをフォアハンドで打つ事で調子が上がってくる人が多いです。
あえてフォアハンド打ってね!とフォア側に送り、調子を出させない事が大事です。
得意な事が出来ているのに勝てない・・・と思わせると相手に焦りが出て試合を楽に運ぶ事が出来ます!

ただし、1球も返ってこない事はありえない戦術です。
7球目・9球目くらいまではラリーになってしまいます。
その対策はきちんと立てておきましょう!