卓球 困った時はロングサーブ!展開が作りやすいぞ!

卓球 困った時はロングサーブ!展開が作りやすいぞ!

卓球を自分から複雑にして勝手にミスをしている人が多いです。
なぜ自分から複雑な展開にしてしまうのでしょうか?
指導者による長いサーブは打たれるから良くない!という指導のせいかもしれません。
ロングサーブから出来る展開、ロングサーブがなぜ良くないという人が多いのか?という事を投稿します。

ロングサーブから考えられる展開

ロングサーブの種類は大雑把に分けて3つです。

・上回転のロングサーブ

・下回転のロングサーブ

・ナックルのロングサーブ

この3つです。

ロングサーブから考えられる展開は少ないです。

上回転・ナックルのロングサーブからは、相手に打たれたボールをカウンターという展開です。
早く、低いサーブならクロスに返ってくる可能性が高いです。
相手に余裕があると、色々なコースを打ってくるのでカウンターは難しい為、ブロックからの展開を作ります。

下回転のロングサーブからは、相手にドライブをされたり、ツッツキをされたりと2種類の回転に対応しないといけません。
オススメはしませんが、相手のミスを誘うにはかなり効果的なサーブです。

短いボールや、横回転を混ぜられたりという変なボールでレシーブされにくいのと、2球目から大きい展開になりやすいので、大雑把に得点をしたい人や運動能力で得点したい人はロングサーブからの展開を練習してみましょう!

中途半端に長くなったサーブがNG!!!

ロングサーブを意図して出すのは良いんです。

短いサーブを狙って出しているのに長くなるのが良くありません。

ロングサーブ全般がダメという事ではないので勘違いしないようにしましょう!

中途半端に長くなってしまうサーブは、若干の上回転系サーブだとラケットを下からスイングする人が多くオーバーミスを誘えます。

どうしても中途半端に長くなってしまう人は、どんなボールが打ちにくいのかを考えてみましょう!

試合で勝つには繊細な技術も!?

卓球は細かい技術も大事です。
横回転のショートサーブからだと、色々な展開を予測しないといけません。
そのような時に細かい技術が必要になります。
どうしても細かい技術が身に付けれない人はロングサーブをメインに展開するようにしましょう!