卓球 短すぎるサーブはダメ!?打たれにくいサーブとは…

卓球 短すぎるサーブはダメ!?打たれにくいサーブとは…

卓球で短いサーブが相手に打たれにくく試合で使われやすいです。
今日は短いサーブのメリットとデメリットや打たれにくくするにはどうすればいいかを投稿します。
自分のサーブがどんな感じなのか?思い出してくださいね!

短いサーブのデメリット

短いサーブでも2バウンドするかな?どうかな?という長さが短いサーブと認識している人のデメリットではありません。

ネットの近くにボールを落としてやろう!と意識してサーブを出していると、短すぎるサーブになってしまいます。
短いサーブを出そうとすると、どうしても自分コートのネット際に1バウンド目を狙います。
そのようにすると短いけど高いサーブになってしまいます。

ショートサーブを待っている人にとっては打ちやすいサーブになりやすいので注意しましょう!

短いサーブのメリット!

ここは中途半端に出るか出ないかのサーブではなく、極端に短いけど少し浮いてしまうサーブのメリットです。

相手のバックロングに早いサーブを出した後や、ロングサーブ主体で戦っている時のメリハリとして使うと効果的です。

ボールが少し浮いていようが、相手が打球点の頂点に間に合わなければ強いボールを打つ事が難しくなります。
サーブの出し方を考えれば、相手に打たれやすいサーブが打たれないサーブになります。

相手に打たれにくいサーブとは・・・

相手コートで2バウンドするかしないか悩むようなサーブです。

エンドライン上で2バウンドではなく、サイドライン上で2バウンドするかしないか?というサーブが一番打たれにくいです。

台の外から打とうとしても、ラケットの面が横を向いてしまいます。
前に打つのが難しいボールの為、強打はされにくいです。

サーブ時の得点力が低い人は是非試してみて下さい!