卓球 アップダウンサーブを覚えよう!簡単に試合で勝てるかも?

卓球 アップダウンサーブを覚えよう!簡単に試合で勝てるかも?

卓球のアップダウンサーブをご存じでしょうか?
上回転と下回転のサーブを1つのスイングの中で選んで出すサーブです。
人によって出し方は様々ですが、基本的に早く当たれば上回転、遅く当たれば下回転です。
何のためにこのサーブを使うのか考えながらサーブを習得してみると良いですね!

効果的な使い方は・・・?

このサーブの効果的な使い方はレシーブが高くなりやすく3球目攻撃がしやすい点が1番です。
3球目の得点率で試合結果が変わります。
自分のサーブ権の時にどれだけ安定して得点ができるか?という事が大事です。

上回転を沢山かけたい人は、少し掬い上げるようなサーブにしましょう。
自分コートと相手コートでボールが伸びれば、短いサーブで待ってる人には効果的です。
高くなってしまうのが難点ですが、、、レシーブが苦手な人には効果的です。

弱下回転と、弱上回転の使い分けが効果的です。
回転で伸びたり、止まったりするとせっかくのバレにくいサーブが軌道でバレてしまいます。
回転量は少なめで、相手のレシーブを少し崩せるようなサーブにしてみましょう!

使い時は、1ゲーム目の0-0でいきなり上回転のショートから入ると相手のレシーブミスを誘えます。
勝負所では、下回転の量を少し上げて出してあげるとネットミスを誘えます。

中学生の地区大会くらいならサーブだけで勝てる?

このサーブは慣れられるまで非常に取られずらいです。
上回転のショートサーブというのが頭にあまりないからかと思います。
もしくは、フリックというレシーブがあまり得意ではない人が多い為、どうしても浮かしやすい感じがしますね!
小中学生で試合に勝ちたい人はアップダウンサーブを練習してみましょう!

上回転ならロングサーブで出しても有りです!
下回転の時は、打球点が外れやすいです。
ロングサーブは出せても遅めのサーブになりやすいので下のロングは控えましょう!

困ったときに使うか、常に使うか?

このサーブの弱点は、得点の差を広げたい時に上回転を選択したくなる事にあります。
7-6でリードの時に上回転を出して、相手にチョンと打たれて失点してしまうパターンが多いです。
リードしてる時に相手のレシーブミスを誘いたくなる気持ちが強く出る人は常に使っておくと良いですね!

大事な時に違うサーブを出してみたりと選択肢が増えるのでオススメです。

肩で隠さないように注意!

巻き込み系サーブに近いものを覚えるときに、トスを少し斜めに上げると回転がかけやすくなります。
その時に体や肩でサーブを隠す人が多いです。
ちょっと内側に投げた方が出しやすいサーブですが、マナー違反にならないようにだけは注意しましょう!