卓球 バックハンドは肩でボールを打つ!手首を早く返すと….

卓球 バックハンドは肩でボールを打つ!手首を早く返すと….

最近はバックハンドの練習を沢山している方が多くいるかと思います。
フォアハンドも大事ですが、バックハンドの方が威力を出しやすく早い展開から攻めれる為に近代卓球では必須の技術となりました。
バックハンドの打ち方を間違えて覚えると、バック側で攻撃ができない選手になります。
スムーズに打てるように練習しましょう。

手首で回転をかけるのは上級者向け

回転は手首でかけろと言われます。
回転をかけよう、ボールを回転で飛ばそうと考えて余計に手首を使ってしまいます。

まずはスイングで回転をかけるようにしましょう。

肘の角度を固定したまま、肩をグッと上にします。
上がったら、閉じている肘を開くようにスイングしてみましょう。

早いスイングは必要ありません。
ゆっくりなスイングでもボールは持ち上がり回転がかけれます。

肩と肘で打つバックハンドに慣れてきたら、手首を使って、自在にボールを打てるように練習しましょう!

ブロックは肘を回すだけ

ラケットを垂直にしている状態から、肘の内側を上に向けるように打球します。
これだけで面が下を向き上回転に対するボールを簡単に返す事が可能です。

深い所にボールを送りたいと考えた時は、肘を伸ばすのではなく、肩を前に出してみましょう。
スイングを大きく変えない為、安定感が向上します。

ブロックもボールの上を擦って返せれば伸びるようなボールを送る事が出来るようになります。
そこで手首を使うと不安定になってしまう時や、やりすぎてしまいネットミスやオーバーミスに繋がります。

相手の力を利用し、ボールの上を押すように肩を前に出してみましょう!

ラケットの持ち方を考える

プロの試合を見ると、手首が凄く曲がっているように感じます。
あれは手首で曲げているのではなく、グリップの持ち方を変えて曲げているように見せているのです。
その為、コンパクトなスイングでも威力のあるボールを打てています。

手首を使うのではなく、グリップ・肘や肩・体重移動で強いボールを打てるようになってから、手首を加えてみましょう!