卓球 下回転の有効な使い方!若干の横回転を利用しよう!

卓球 下回転の有効な使い方!若干の横回転を利用しよう!

下回転サーブの回転量を変える話しはブログのどこかに書いてあるはずです!
回転量を変えてレシーブミスを狙うのも有効ですが、今日は違います。
真下回転のサーブを出せない人がほとんどなのです。
これを意識的に順横回転と逆横回転を若干加えて相手のミスを誘う方法です。

フォア前に出した下回転サーブが簡単にフリックされてしまう!!

このような事で困っている人に最適です。
せっかく短く出しても、簡単にフリックされてしまうと困りますよね。
ツッツキかストップをされたいのに、ドカンと打たれたらさすがに勝ちにくいです。
下回転のサーブをレシーブする時に、手を開く人と手を閉じる人がいます。
レシーブが上手な人は手の開く人の方が多いですが、それは若干の横回転、もしくは回転のかかっている面を打ちたくないから手を開くのです。

その為、手を開いて打つと重く感じるような回転を少し入れてあげるだけでフリックミスを誘えます。
また、なんでミスしたんだろ?と悩ませないように何本かは打ちやすい回転のサーブも出してあげます。

台上の技術は殆どが回転を利用して打球します。
相手に回転を上手く利用できないようにしてみましょう!

少しの工夫で活きるサーブは沢山!

下回転サーブの事で書く事が無くなったのですが、少しの閃きで今まで悪かったサーブも良くなる事があります。
自分の得意なサーブで得点が取りにくい時は、自分が得意なサーブで得点を取れるように相手のラケット角度をコントロールしてみましょう。

相手が今日は調子が良いぞ!と思わせておいて、徐々に調子を下げさせるように工夫していきます。
色々なコースに色々なサーブを出すと、調子が上がってきてしまいます。
違和感の無いように、ちょっとずつミスを誘うサーブや、少し打ちにくいサーブを出していってみましょう!

勝手に相手が負けてくれるようになります!