卓球 弾む用具を使用する罠が…弾めば良いラバーじゃないぞ!?

卓球 弾む用具を使用する罠が…弾めば良いラバーじゃないぞ!?

卓球では良く弾むラバーを好まれる傾向があります。
なぜ、弾むラバーが良いのでしょうか?
弾まないラバーはダメなのでしょうか?
自分でどんなラバーを選べば良いのか悩んでいる人の参考になればと思い投稿します。

ブロックとツッツキをメインに考えよう

卓球の試合で大事な技術です。
攻撃に目がいきがちですが、試合で多く使う技術はツッツキとブロックです。
この2つが一番やりやすいラバーを選択すると間違いないです。

弾むラバー愛好家の監督やコーチも居て、少し弾まないラバーを使っていると否定的に言われる時も有ります。

これは好みの問題なので、自分に合う方を考えてみましょう!

ヴェガでも良く弾む方!?

ヴェガは初心者の2枚目、3枚目に選ばれるラバーです。
レトラ等を使用している人がいきなりヴェガを使うとコントロールしにくくなってしまいます。
ヴェガでも安定感が出ない!という人はライガンスピン等を選択すると良いかも知れません。

粘着ラバーも良い選択かも?

フォア側で安定感を求める場合や、ちょっと弾みすぎのラバーはちょっとと考えている人に微粘着のラバーはオススメです。

個人的には、ラクザZが扱いやすくリーズナブルな感じがします。

粘着ラバーは扱いに慣れるとスピンをかけやすくなり、ツッツキで勝負をかけにいけます。

弾まないラバーの注意点

ボールは安定して入るけど・・・という試合が続く場合はちょっと考えましょう。
弾まないラバーはスイングスピードが遅い人はボールスピードが出ないです。
ブロックを当てるだけでは得点になりにくいという点だけは頭に入れておきましょう。
少し押したり、上を擦ったり、横回転をかけたりとブロックに変化をつけないと勝ちに繋がりにくい展開が出てきます。

簡単にコントロールできる場合もありますが、デメリットも有る事を理解しておきましょう!