卓球 レシーブミスを減らすコツは…相手のサーブに惑わされない!

卓球 レシーブミスを減らすコツは…相手のサーブに惑わされない!

卓球でサーブとレシーブは大事な技術です。
しかし、相手のサーブが上手だと中々勝てなくなってしまったりしますよね?
ミスを減らすだけで相手の3球目ミスに期待出来たり、4球目のチャンスに繋がります。
レシーブミスは極力減らせるように頑張りましょう!

サーブはサーブで返す

相手のサーブがわからない時はサーブを同じスイングをしてみると良いですね!
相手と同じ角度、同じスイングをしてみるとボールが真っすぐに相手コートに返す事が出来ます。
これを逆回転にして返すという事は技術が必要です。
簡単に返すなら同じスイングをしてみましょう。

何も考えなくても返せるようになるのが魅力です。

絶対に前に押さない

短く返す必要は無いのですが、相手の回転に角度を合わせれば良いレシーブで返す事が出来ます。
しかし、角度も合わせているのに更に腕を伸ばしてボールを押してしまう人がいます。
角度を合わしてボールを押せば前に飛んでいってしまうのは当たり前です。

腕でボールを押してしまうと、押しすぎてしまいオーバーミスになりやすいです。
体の上半身だけで押せるように、練習してみましょう!

サーブの優位性は消えた?

サーブ時に体で隠す事が違反になり、フィンガーロールとぶつけサーブも違反となりました。
サーブで出来る事が昔と比べて減りました。
チキータという技術の発展で、短いサーブでの優位性が減ったように、卓球の技術は進化しています。
最近はロングサーブからの展開が得意な人も増えましたので、そういう点も意識を変えて練習に励むと良い!気がします!