卓球 レシーブ時の得点力を向上する2つの方法

卓球 レシーブ時の得点力を向上する2つの方法

卓球のレシーブはサーブと同じくらい大切な技術です。
レシーブが悪いと相手のサーブ時に得点が出来ず、自分のサーブの時に絶対に得点をしないといけないプレッシャーに負けてしまいます。
レシーブで得点する方法は?
どういうレシーブをすれば相手から得点出来るチャンスが作れるか投稿します。

フリックを覚える!

現代卓球ならチキータと教えるのでしょうが、フリックの方がフォアでもバックでも出来る簡単な技術です。
下回転のサーブを誰でも簡単にフリックする方法があるので紹介します。

短い下回転サーブを出された時に、一度ツッツキの空振りをした後にフリックしてみましょう!

ボールの下に素早く手が入り、角度も自然に出せるようになるのでオススメです。
下回転のサーブ!と思ったら一度ツッツキの角度を作ってみると簡単に返す事が出来ます。

一度試してみてください!

ストップを覚える!

フリックが中途半端に遅い選手はストップの技術が必須です。
フリックでは得点が出来ないし、カウンターされてしまいます。
その場合はストップするしか方法がありません。
下回転のサーブや上回転のサーブを確実にストップ出来るようにしましょう!

ボールは浮いてしまっても構いません。

簡単にストップする方法は、ボールの1バウンド目が弾んだ位置にラケットを入れる事です。

早い打点でストップするといっても角度がわかりにくですよね?
ボールの弾む軌道に沿ってラケットを入れてみましょう。
ボールがふわっと飛び、上回転でも下回転でも短く低くストップが出来るようになります。

打球点が下がっている位置ではこの打法が使えないので、早く打球位置まで動けるようにフットワーク練習は沢山しましょう!

ストップとフリックの使い分け!

フリックだけが上手でも試合では勝てません。
ストップだけが上手でも試合には勝てません。

両方が上手に出来て、はじめてレシーブで得点する事が可能になります。

ストップの打点で入り、相手を卓球台の前に寄せながらフリックをすれば相手に刺さります。
フリックするとみせかけてストップすれば、4球目攻撃が非常に狙いやすくなります。

レシーブで得点する方法は、ストップとフリックを上手に使えるようになる事です!

ここに回転のかけたツッツキも入れれると更に得点力がUPします!

サーブやレシーブの練習は地味でやりたがらない人が多いですが、練習すると確実に試合で勝てるようになります。

勝ちたい人は地味な事でも練習しましょう!