卓球 初心者が試合で勝てるサーブを考える!

卓球 初心者が試合で勝てるサーブを考える!

卓球をしていて、簡単に得点出来ないかなぁ?と考える事は多いですよね?
長年卓球をやっていても、ずっと同じことを考えています。
対戦相手のレベルが上がるにつれて、サーブだけで勝つ事は難しくなりますが、卓球をはじめて半年でも試合に出て勝ちたい!と感じていて、同程度のレベルの子になら勝てるサーブを投稿します。

初心者の思考を読む!

卓球をはじめて半年未満の人の多くは、短いサーブを下回転のサーブだと思っています。

その思考を少し読めれば簡単ですよね?

短い上回転のサーブを出すと簡単に勝てるようになります。

何本も連続して出すと、さすがに対応してきます。

試合の勝負所で上回転のサーブを出してみましょう!

使いどころは

0-0の時に2点
4-2で勝っている時に2点
8-8の時に2点

このような場面でしょうか。

わかりやすく上回転!と出すとさすがにばれてしまうので、巻き込みサーブ系で上回転を出せるようになると良いですね!

速いサーブは下回転で!

卓球をはじめて間もないと、速いサーブは上回転!という思考があります。

実際に下回転のロングサーブを速くするのは難しいです。

その為、自分で出せないから速いロングサーブは上回転と思い込んでいる場合があります。

これも巻き込み系のサーブで下回転ロングサーブを出せたりすると良いですね!

巻き込みサーブを練習しよう!

上回転のサーブと下回転のサーブの両方を巻き込み系で出せると、ある程度の試合では勝ちやすくなります。

巻き込みサーブとは、、、

ラケットでボールを巻き込んでサーブを出す形です。

ラケットの面が立っている場合でも下回転になりやすいサーブです。

上回転を出す方が難しいサーブですので、上回転が出せるように練習しましょう!

ラケットを振り抜く向きを利き手と逆の肩にすると上回転になります。
これを小さくスイングし、相手に上回転と悟られないようにしてみましょう!

下回転のロングサーブは体重移動で出します。

腕のみでロングサーブを出そうとすると、サーブモーションが大きくなってしまいます。

体を使って、卓球台の奥の方に押し込むイメージでサーブを出してみましょう!

安定してサーブを出すには体重移動が大事です!