卓球 困った時のナックルサーブを覚えよう!

卓球 困った時のナックルサーブを覚えよう!

卓球の試合中に困る時が多々あると思います。
サーブ権だけど得点を取りに行けない。
サーブ時の得点率が悪い等、困る事は多いです。
困った時のサーブは、相手が難しい!と感じるナックルサーブが良いですね!
回転のかかったボールを低くコントロールする事は非常に難しいです。
相手に打たれたく無い時、自分の力で得点を取りたい時に使いやすいのがナックルサーブです!
今日は低く短く出せるナックルサーブを覚えてみましょう!

卓球台が近い位置で捉える

低いサーブを出すコツの1つです。

高い位置でボールタッチしてしまうと、サーブは高くなりやすいです。

ネットと同じ高さの打点が丁度いいです。

上から下に叩くとボールが弾んでしまうので、後ろから前に押すようにしましょう!

ショートサーブはエンドラインを狙う

短いサーブを出すときにネット側を狙うように教わります。

間違いではありません。

優しくネット側に落とせば、確実に短いサーブを出せます。

しかし、少しだけサーブが高くなりやすい傾向があります。

エンドライン側に滑るように1バウンド目を狙い、2バウンドする様に調整する練習をしましょう!

これが低いナックルサーブを出すコツです!

ショートサーブだと悟られない

レシーブの技術がかなり向上してきている近代卓球では、ショートサーブと気がつかれるだけで危険です。

1バウンドで相手にバレてしまうようなサーブは通用しなくなってしまいます。

相手がロングサーブかショートサーブかわからないようなサーブを出せると試合で困った時でも得点出来るチャンスを作れるサーブになります!

回転をかけてコントロールできる人は回転をかけたサーブで!

コントロールが難しい人はナックルサーブを駆使して試合で困らないようにしましょう!

試合中に困ったときに使うサーブは大体同じ

ロングサーブは出すのが怖い
回転を利用されるサーブも出すのが怖い

こうなれば、出せるサーブは限られてきます。

相手の得手不得手によって変わりますが、ナックルの凄く低いショートサーブ!

覚えてみてはいかがでしょうか?