卓球 遅いボールを待てるようになろう!

卓球 遅いボールを待てるようになろう!

卓球でスピードボールばかりを対応する事を考えると思います。
相手に打たれたボールや速いツッツキの対応方法ばかりを練習する人がいます。
良いボールを打たれるのは1試合で5本か6本です。
それ以外のゆっくりなボール、なんともないボールを簡単にミスして失点してしまうと勝てません。
遅いボールに対応する練習もしよう!

足を動かさない!

遅いボールでも2バウンドする事は少ないです。
そんなに短いボールは足を動かす必要がありますが、台の外に出るようなボールは打点を落としても回転をかけて返せるようにしましょう!

速いボールを待っていて遅いボールが来た時に、腕を前に伸ばしてしまい、ネットミスをする人が多いです。

ボールを打てる位置まで引き付けれれば問題の無いボールです。

足を動かして対応すると、予測を外されて失点に繋がります。

どのラインに来ても返す事の出来る位置にポジションを取れるようにしましょう!

ループドライブはなるべく打点を落としたくない!

回転のかかっているボールとかかっていないボールで打ち方が変わります。

回転を上書き出来るくらいの感覚のある人は打点を落としてもOKです!

回転のかかっているボールを上書き出来ないという人は、ループドライブは上昇球を打ちたいです。

この場合はお尻が出ないように、肩を前に出して打球出来るようになると良いですね!

肩を前に出すには、フリーハンドの肩を引いてみると、結構前に伸びるので試してみましょう!

自分の打てる位置で構えておく

フォアハンド・バックハンドのどちらでも打てる位置で構えておきましょう。

自分の前にラインを引いて、このライン上で打球出来るような意識にしてみます。

速いボールでも遅いボールでも同じ位置で打球出来ると、卓球が安定します。

足を動かす事も大事ですが、下手に動かすと遅いボールで得点がしやすいと思われてしまいます。

遅いボール(相手が逃げたボール)で得点がしやすいと、無理して攻める必要が無くなるので安定感が増してきて、試合で勝てなくなってしまうパターンになります。

遅いボールがきたら、焦らずに打球出来るように練習しましょう!