卓球 変化をつける技術!ラバーに頼らないことも大事!

卓球 変化をつける技術!ラバーに頼らないことも大事!

変化をつける為のラバーは沢山あります。
裏ラバーが普通のものだとして、表ソフトラバー・粒高ラバー・アンチラバーと3種類あります。
この中でも変化形表ラバー・スピード系表ラバーとありますが、ラバーに頼る技術ではなく、裏ラバーで色々変化をつけれるように練習してみましょう!

上回転のボールを横回転で返す

ドライブ回転のボールを横回転にして返してみましょう!

ボールの内側から前に抜けるようにスイングします。

威力のあるボールを返球する事が非常にやりやすい技術の1つです。

慣れるまでストレート側にしか返球出来ませんが、クロスにも返球出来るようになると相手を悩ます事が出来る技術です。

クロスよりもストレートに返球した方が効果的です。

右対右ならフォア側に逃げるブロックが出来るようになるので練習してみましょう!

上回転のボールを横下回転で返す

この技術は丹羽選手が試合中に使うものの1つですね!

ボールの外側をカットするようにブロックします。

ここで大事なことは思い切りの良さとスイングスピードです。

遅いスイングで当ててしまうとボールが上に上がりすぎてしまったり、回転に負けてしまいます。

スイングは早く、ボールの外側をカットする気持ちで打球します。

インパクトがおかしかったり、ラケット面が上を向いているとミスに繋がります。

ラケットはほぼ垂直でボールの横を上から下にスイングすればカットブロックが出来ているはずです!

凄く練習が必要なスキルですので、遊び感覚で試してみましょう!

裏ラバーは粒高ラバーと同じことが出来る!

ボールをプッシュするだけで変化したりはしませんが、上回転気味にプッシュしたり、下回転気味にプッシュする事は可能です。

ボールの回転軸を外してプッシュすればブレ玉も送る事が可能です。

粒高ほどの変化はしませんが、その他の事で回転をかけてボールを安定させることが可能なので、色々な技術を使える裏ラバー使いになれると良いですね!

コンパクトに強打すれば表ソフトラバー!?

表打ちが出来ると、下回転のボールを早い打点で強打する事が可能です。

裏ラバーを使っているから回転をかけなければいけない理由はありません。

裏ラバーなのにナックルのスマッシュを打つことが出来れば相手は混乱しそうですよね?

面を立てて、ボールの横を押すようにスマッシュするとナックル気味のスマッシュを打つことが可能です。

表ラバーと全く同じには出来ませんが、似たようなことができるので練習してみましょう!

ラバーの性能に頼れば簡単!

出来ない事をラバーで補うのは簡単です。

しかし、ラバーに頼り切ってしまうと自分の技術向上につながらなくなる可能性があります。

裏ラバーは幅広い技術が使えるラバーです。

練習すれば異質ラバーよりも取りにくいボールを打つことができるので、裏ラバーで変化をつけたい!と感じている人は練習してみましょう!