卓球 石川佳純選手が1回戦負け!?攻撃してくるカットマンは怖い!

卓球 石川佳純選手が1回戦負け!?攻撃してくるカットマンは怖い!

卓球には色々な戦型があります。
大きく分けるとカットマンとドライブマンの2つですが、異質ラバーを使用したブロックマンや、ロビングばかり上げるロビングマン等、様々です。
カットマンでも攻撃が上手な選手は非常に怖いです。
タイミングが取りづらくなり、カット打ちでもブロックでもミスをしてしまいます。
攻撃も出来るカットマン目指して頑張りましょう!

石川佳純 vs ソヒョウォン

下がらないカットマンは怖い!

今回の試合ではカットミスが全く無いというものではなく、相手に準備させないカットを選択したのかと思います。

3歩から5歩くらいの位置以上に下がらずにカットしていると、高い打点でカットする事が出来ます。

上からスーッと滑るようなカット

早く相手を刺すようなカットを目指すなら、下がらないカットを覚える必要があります!

攻撃への転換も早い!

カットが打ちづらかったり、打てないカットでの返球を甘くツッツキしても打たれない場所に相手が位置していれば怖くありません。

ツッツキを甘くしたら攻撃される

ドライブを安全に入れると攻撃される・・・

こうなってしまうと打つ手なしです。

入れれない、逃げれない、このような時はどうしますか?

リスクを増やして強打するしかないんです。

カットマンとの試合はメンタル勝負になる場合もあります。

カットが何とか出来て、攻撃が間に合う位置を探してカット出来るような選手になれるように練習してみましょう!

カットマンで攻撃が上手な選手は試合で勝ちやすくなります。

打ちすぎてはいけませんが、要所世所で打てるように練習しましょう!

0-0から勝負!

カットマンと試合すると1点の重みが少し変わります。

1本が簡単に取れない場合が多いからです。

先にリードしても安心しすぎて安全に打っても追いつかれる。

0-0という状況で相手がいきなり打ってきて失点してしまう可能性もある。

相手のパターンを読まないと。本当に強いカットマンには勝ちにくいです。

攻撃されると考えながら試合等をしてみましょう!