卓球 サーブが効かない時はどうする!?

卓球 サーブが効かない時はどうする!?

卓球の試合でサーブ・3球目攻撃はセットです。
良いサーブは良い3球目攻撃に繋がります。
良いサーブを出しても良いレシーブをされてしまうとどうなりますか?
3球目攻撃に繋がらないと勝つのは難しいかも知れません。
サーブが効かない時はどうしますか?
色々考えてみましょう!

サーブが効かない時は諦めも肝心!

サーブが効かないと焦る人が多いです。

卓球の試合レベルが上がれば上がる程、サーブで得点力を求める事が難しいです。
サーブが効かない相手にはある程度の諦めも大事です

単調なサーブから単調なパターンの練習も大事です。

練習時にナックルサーブからの全面練習等を取り入れておくと良いですね!

困ったときや、自分の得意なパターンにならなくても得点出来る技術を身に付けておきましょう!

3球目カウンターの練習が必須!

レシーブにチキータやフリック、ドライブを打たせる事も大事です。

打たれたボールをブロックやカウンターで返す練習をしましょう!

レシーブで強打する技術が向上した中で打たれない事が難しいです。

打たれても抜かれないような対策をしまておきましょう!

サーブが高く無ければ抜かれるような速いボールでのレシーブは少ないです。

相手のレシーブが上手な場合は、低いサーブを意識してみます。

強打されなければなんとかなるという気持ちが大事です。

サーブで崩すには…

相手が待ってないサーブを出すしかありません。

8:2くらいの確立でフォアかバック、もしくはショートかロングで待っています。

相手の待っていない所に待っていないサーブを出すしかありません。

どうやってそんなサーブを出すの?と言われると難しいです。

最低でも同じサーブモーションで7種類は必要です。

サーブの種類というのはコースも含めます。

速い・遅い・長い・短いも含めれば、簡単に覚えれる技術です。

ゆったりしたモーションで速いロングサーブとかが出せると、相手の意表をつきやすいです。

崩せない選手も多いですが、種類が増えれば崩すチャンスも増えます!

サーブの練習と3球目の練習を沢山しましょう!