卓球 ジャイロサーブ?効果的な横回転サーブを出す方法が….

卓球 ジャイロサーブ?効果的な横回転サーブを出す方法が….

卓球のサーブで横回転のサーブを使う場合が多いです。
横回転の混ざった上回転、もしくは下回転、横のみという形です。
最近はジャイロサーブというのが流行りなのですが、似てるような?似てないようなサーブを考えたので投稿します。

ジャイロサーブもどきを覚えよう!

ジャイロサーブとはなんだね?という方もいるかと思います。

実際に自分もそうです。

本当にジャイロなのか良く分からないのでジャイロサーブもどきとしております。

まずは卓球台の正面におへそを向けて立ちます。

ラケットのヘッドを台のエンドラインに合わせ、ラケット面が上に向いたまま横にスイングします。

ボールはスイングした方向に飛んでしまうので、右利きなら左に、左利きなら右にボールを飛ばしてしまうと思います。

これが基本的なジャイロサーブもどきになります。

面を立ててしまうと普通の横回転サーブになってしまうので注意しましょう!

どうやって前に飛ばす?

ジャイロサーブの課題はここなんです。

どうやって前に飛ばせば良いか良く分からない人が多いと思います。

面を立てないと前に飛ばしにくいし、腕で押してしまうと横下回転になってしまいます。

インパクトの時間を短くし、体で押し込むようにサーブを出せるとジャイロっぽいサーブになります。

インパクトが長くなると、斜め回転になりやすいです。

一瞬のインパクトでボールの下を横に擦って体重移動でボールを前に飛ばしてみましょう!

これでジャイロサーブもどきが出来るはずです!

試合でお試ししてみた結果・・・

良く曲がる良いサーブにはなりましたが、短いと関係なく打たれます。

ツッツキをすると浮いたり、フリックをすると落ちたりと不安定なサーブになりました。

相手は非常に取りずらそうにしていたので良いですね。

レシーブされたものを1枚ラバーで打つとかなりのブレ玉になり、相手が混乱していました。

こういった点でもジャイロサーブもどきは使えそうです。

何日か練習して、再度更新します!