Butterfly(バタフライ) インナーフォース レイヤー ALC レビュー

NO IMAGE

卓球のラケットは友人が良いラケットだ!と言い切っていても自分に合わないという事が多々あるかと思います。
バタフライのインナーフォースシリーズは8割くらいの人が良いラケットだ!と言われるくらいのラケットです。
完成度が高く、色々な選手が使えるようなラケットです。
どんなラケットなのか?レビューしていきます!

インナーカーボンなので弾むけど球持ちは良い!

カーボンが入っていると苦手・・・という人も多いかと思います。

このラケットはカーボンが入っていても扱いやすい部類に入ります。

インパクトを強くすれば弾み、弱くすれば弾まないようになっております。

カウンターやブロックの時にこのラケットの良さがわかります。

ボールを掴み、早いボールを飛ばす事が出来るので、ブロックやカウンターでの得点力を増やしたい人にオススメのラケットです。

柔らかさは木材に勝てないが….

7枚合板のしなりの良さには勝てません!

柔らか目のラケットではありますが、やはりカーボンが入っているので木材特有のしなりの良さにはかないませんね。

3球目攻撃を狙う選手はしなりの良さを求める傾向があるので、柔らかいラケットが良いという人は合わないかもしれません。

ラケットが使いやすいというのは個人の感覚なので、確かなことは言えませんが、インナーフォースレイヤーは木材に近い感覚で打てるラケットです。

テンション系の柔らか目ラバーを使用すれば非力な選手でも強いボールを打て、テンション系でも固めのラバーを使用すると力のある選手は素晴らしいボールを打つ事が可能なラケットです!

卓球に本気を出すなら考えてみても良いラケット!

試合で勝ちたい。県大会上位に食い込みたい。地区大会で賞を取れる結果が欲しい!

このように卓球の欲求が高くなってきたら使用する事を考えても良いラケットです。

大体が中学2年生か高校1年生くらいでこのレベルのラケットになるかと思います。

高価なラケットなので、遊び半分や、惰性で卓球をしている選手は、カーボンのよく弾むラケットは他にもあります。

真剣に勝ちたいと考えている人は親さんと相談して購入を検討してみてください!