卓球 最近の技術を考えよう!

NO IMAGE

卓球のラバーはここ10年ほどでだいぶ進歩しました。
ラバーに合わせたスイングを覚える必要があります。
マークVで入るスイングとヴェガで入るスイングは違います。
主にラケットの角度ですが、食い込ませ方やぶつけ方がかなり違います。
初心者だから弾まない高弾性ラバーが良い!という常識を変えていかないといけないかも知れません。

オーバーミスをしないように面を下に向ける!

最近のラバーは柔らかく食い込みやすいです。
食い込んだ後の弾みが非常に良い為、面を下に向けてもボールは相手コートに弧線を描き飛んでいきます。

同じスイングをマークVやスレイバーで試したらどうなるでしょうか?

・・・・・・。

ネットに直撃する場合が多いです。

まず、面を下に向けて打つように作られていないんです。

ラケット角度を意識して打たないと綺麗なボールが入りにくいラバーです。

逆に、ラケット角度を綺麗に作れるようになるラバーなのですが、その角度でハイテンション系ラバーで打つとオーバーミスします。

本当に、高弾性ラバーから始めるべきなのでしょうか?

回転がかけにくい!!

弾まないラバーは回転がかけやすいものだと思っておりました。

これは半分不正解でした。

回転がかかっているから入るのではなく、弾まないから入っているだけで回転をかける技術を身に着けるのは難しいですね。

やはり高弾性ラバーはチャックがあってこそ良いと思われていたのかもしれません。

食い込みにくいので回転もかけにくいです。

スマッシュやドライブを使い分けたい人は高弾性ラバーの方がコントロールしやすいですが、ドライブだけで得点が出来るか?と言われると難しいラバーですね。

表ラバーからの変更したい人にはお勧めだが….

弾みがテンション系表ソフトラバーに似ています。
角度を作らないと入らない事も似ているので表から裏に戻したい人にオススメです!

違和感も少なく戻れる可能性があります。

しかし、そこから弾むラバーに変更すれば、、、、慣れるのに時間がかかってしまうので良し悪しですね!

最新の技術を使うには、相応の筋力も必要になってくるとだけ理解しておく必要もあります。

腕で軽くスイングするだけでは、スピードもパワーも求める事が難しいです。

板を良くしてラバーは弾まないものを…

ラケットが良ければラバーが弾まなくても良いと昔は思っていました。

最近は逆の方がよさそうですね。

ラケットよりもラバーの方が重要かも知れません。

スピン性能、食い込みの良さをラバーに頼り、ラケットで反発力を求める形になるかと思います。

そこそこのラケットに食い込みの良いラバーを貼る方が安定しそうです。

好みの問題ですが、ラケットを下に向けてスイングするには最低でもV07かヴェガヨーロッパ辺りを使わないと難しい技術かなぁと思います。

教えてる技術に合わせて、生徒さんに用具を選択するようにしてみましょう!

高弾性ラバーにオススメのラケットとは・・?

少し固めで弾むラケットに張っても変化に気が付きにくいです。

若干しなるようなラケットに張る事をお勧めします。

スワットや、フォルティウスなどが合います。

オールラウンドエヴェリューションでも大丈夫です。

カーボン系のラバーに合わせると少し高弾性ラバーの悪いところが見えてきてしまいます。

どうしても高弾性ラバーが良いという人は、柔らか目のラケットを選択してみましょう!