卓球 レシーバーが有利!?3球目で抜かれないようにしよう!

NO IMAGE

卓球ではサーバーが有利と言われています。
本当にそうでしょうか?
自分のサーブ時に得点が出来ると勝ちやすくなる!ということは、実はサーバーのほうは不利なのではないでしょうか?

色々な思考があり、競技・勝ち負けのあるスポーツに正解はありません。

強いて言えば、勝った者がその時の正解です。

サーブ・レシーブを見直すきっかけになってくれればと思い投稿します。

・相手のサーブをレシーブミスしてしまう人

サーブと3球目攻撃はセットなんです。

相手がフォア前に横回転のサーブを出してきた場合に回り込み3球目攻撃・もしくはバックハンドでの攻撃を狙っています。

その場所に返さないようにすると、ミスをしやすいレシーブになります。

入れる事は出来るけど3球目で打たれたくないから違うコースを狙う

この時にミスをしてしまう人は、回転の軸を見極める練習をしてみましょう。

良いレシーブのコツはボールと喧嘩しないことです。

・レシーブを打ちにくいなと感じさせる

3球目が気持ち良く打てる状況を作ると相手がドンドン調子を上げてきてしまいます。

レシーブは相手にちょっと打ちにくいと感じさせることが大事です。

自分がどんなレシーブをされると打ちにくいか少し考えてみましょう。

1つ目はレシーブが低い事

2つ目は距離が曖昧な事

簡単に変化させれるのはこの2つでしょうか?

コースを狙ってもレシーブが高くなっては意味がありません。

低くコントロールしネットよりも高い位置で打球させないことが大事です。

距離感がすごく大事です。

短いボールを短く返す事は想定済みです。

若干出るかな?出ないかな?という曖昧な場所を狙ってレシーブが良い時があります。

ビタ止まりストップや、鋭いツッツキを送るのは技術が必要です。

相手の回転に逆らわずに触るだけで、中途半端な絶妙なレシーブになります。

相手の打ちにくくなるレシーブを考えてみましょう。

・サーバーが有利な理由は!?

サーブ技術力が相手のレシーブ技術力に勝っている場合はサーブが有利です。

サーブ権を持ったほうが相手のペースを掴める時はあります。

自分の得意な展開に1球目から仕掛ける事が可能なので、サーブが有利と言えます。

しかし、サーブの技術がレシーブの技術に負けている場合はサーバーが圧倒的に不利になります。

サーブの技術が上がればサーブ権を持った方が有利になります。

多種多様のサーブを出すことが出来る。

回転量の多いサーブを出せる。

物凄く速いサーブをコントロール出来る。

このようにサーブ権の優位性を維持出来るサーブがあり、得点に繋げる事が出来ればサーバーは非常に有利です。

この場合でも、自分の出せるレベルのサーブに簡単に対応されてしまうと中々得点は出来ません。

サーブ権を持っている時に崩れやすい

サーブで2本・レシーブで1本

この意識が強くある人が多いです。

サーブ権交代時の1本目に失点すると崩れやすいです。

2本目にミスが出来ない状況になると相手は簡単にミスする場合があります。

ここでミスすると4点差になってしまう場合

このミスで勝敗が決まるような流れの場合

相手にレシーブでプレッシャーをかける事が出来ます。

相手に打たせて得点を取る事も非常に大事ですね!

レシーバーが優位に立つために・・・

1つだけ大事な事があります。

レシーブミスを簡単にしない事です。

大事な所で1本取れるぞ!という相手の意識がプレーに影響を与えます。

簡単には得点が取れないと思わせる事で、相手に普段通りのプレーをさせない事がレシーバーが優位に立つコツだと思われます。