卓球 勝てる人と勝てない人の違いとは?試合で勝つ事の出来る人は普段の練習が違うぞ!

卓球 勝てる人と勝てない人の違いとは?試合で勝つ事の出来る人は普段の練習が違うぞ!

卓球の練習をしているが中々試合で勝つことが出来ない。
練習は真面目にやっているのに勝てない。
どんな練習をしたら勝てるようになるのかわからない!
こういう方もいるかと思います。
試合で勝てている人は普段どんな感じで練習しているのでしょうか?
少し考えてみましょう!

基礎練習をきちんと取り組む

基礎練習も大事です。

フォアクロスのラリーというウォーミングアップですら簡単なミスはしません。

はじめはゆっくり、徐々に強くということもありません。

自分の打てる2番目に早いピッチくらいでラリーをはじめます。

早いピッチ、強いボールで出来る基礎練習が大事です。

本当の初心者ならばゆっくり丁寧にフォームを覚える事が大事ですが、卓球をはじめて2年くらい経過した人はフォームも固まってきていると思います。

初めのラリーから早いピッチで、強いボールで基礎練習を取り組めるようにしましょう!

勝てる人は、ミスをしないことが当たり前です。

簡単にミスをしてしまう場合は、少し球威を落とすけどピッチは落とさないなどの工夫をしてみましょう。

サーブ・レシーブの練習に重点を置く

3球目攻撃が出来ない場合や、4球目に繋がらない場合は多くあります。

小中学生の場合は全日本にいかないと、大きいラリーになることは非常に稀です。

高校生の場合は県大会の上位にいけば、大きいラリーになってきます。

卓球で、最も大事な練習です。

サーブとレシーブの練習は特に集中していきましょう。

基礎練習の後やゲーム練習の後に取り入れる場合が多いですが、卓球に対してフレッシュな時間に取り入れた方が、いろいろな物を思いついたりします。

こんなサービス、こんなレシーブしてみたらどうなるのかな?

このようなイメージが自分の中にあるはずです。

普段の練習をはじめにしてしまうと、この意識が薄れていってしまう場合が多いです。

自分が寝る前に思いついた事はドンドン取り入れていけるように意識していきましょう!

これまで通りの練習をこれまで通りにしない

これはなんでも同じ事かも知れません。

いつも通りの練習メニュー、練習強度では強くなる事は出来ません。

毎日の練習をちょっとずつ強化していくことで、じわじわと強くなれます。

・スピードを速くする

・回転量を多くする

・フットワークの幅を広げる

・ラリーの回数を増やす

このような部分を少しずつ強化していくことで基本練習のレベルが上がります。

これだけで勝てるようになるとは言いませんが、基礎レベルが上がれば応用のレベルも上げる事が出来ます。

考えなしで練習するよりも効果的です。

普段の練習で意識が低くなっているなと感じる人は今日から少しずつ意識していってみましょう!

フットワーク応用練習

・1本1本のオールフォア・フォアバック切り返しのフットワーク練習

この誰もがやる練習を変えていきましょう。
1本1本の練習で、たまに2本続けて同じコースに送る
これだけで足の動かし方が変わります。

・ミドル→オール の切り替えし

この練習は強いチームで良く取り入れられています。
ミドルに戻ることの練習と、逆に来た時の足運びの練習にもなります。
この練習で、ゲーム練習の感覚を養う人も多いですね!

コースの決まってない練習をしよう!

基礎練習というと、コースを決めて1本1本

クロス半面のラリー練習

これを基礎練習だと思っている意識を変えていきましょう。

ランダムな練習も基礎練習の1つです。

いつもとちょっと違う練習

ちょっと工夫した練習を取り入れてみましょう!