卓球 強くなる為に腹筋や背筋、トレーニングをしよう!

卓球 強くなる為に腹筋や背筋、トレーニングをしよう!

卓球はあまり筋力が必要のない競技だと思われがちですが、意外と必要です。
フォアハンドで強打をするときに腕のスイングに負けない土台。
身体の軸を支える体幹、連打をするために必要な腹筋と背筋。
フットワークを自在にするための柔軟と脚力
全身の筋力がバランス良く必要な競技です。
強くなりたい人は、普段練習するだけではなく、トレーニングも取り入れていきましょう!

なぜ、このような記事を書くのか?

先日久しぶりに卓球をしてきました。

ちょこちょこと2日に1回ランニングをするようにはしていましたが、練習中にい痛くなったのが腹筋です。

強打を打ち、姿勢を整えるのに腹筋を使っているんですね!

腹筋とかは、特に意識していませんでした。

あればいいよね?という程度の認識の人が多いかと思います。

次に痛くなったのが背筋です。

強打を昔通りのスピードで打ちたくなり、スイングしていたら少しずつ痛くなってきました。

普段使っていないよね!と思っている所でも練習の間が空くと意外と使ってたんだなぁと意識する事が出来ます。

連打が上手にできるようになるには腹筋

強いボールを打つには背筋が必要ですね!

時間が無い人はタバタ式トレーニング!

4分間で凄い効果を発揮します!

めちゃくちゃ大変です。

初めて取り組む人は、少し軽めにやった方が良いかも知れません。

タバタ式トレーニングはここを参考にしてみてください

僕も少しずつ取り組んでいますが、途中から足がプルプルしてきます。

1日20分くらいしか運動できないよ!という人でも、これなら出来そうですね!

筋肉は嘘をつかない!

卓球の道具は嘘をつく場合があります。

自分に合わなかったりもします。

しかし、自分で身に着けた筋肉は嘘をつきません!

あと一歩動けていたら勝てた

あとちょっとボールが早ければ抜けた

このような事もあるかと思います。

そんな時に必要なのが筋力です!

成長期で鍛えすぎはよくありませんが、ほどほどには取り組むようにしてみましょう!