卓球 下回転打球後の上回転ボールへの簡単な対処方法は…?

NO IMAGE

卓球は回転のスポーツです。
下回転サーブを出し、下回転レシーブが来て、そのボールをドライブするまでは上手に出来る選手が多いです。
ドライブをかけて上回転になったボールが返球された時にミスをしてしまう選手が目立ちます!
どうしてミスになってしまうのでしょうか?
ミスを減らすには何をすればいいか考えてみましょう!

上回転ボールを打つときに必要以上な力を入れていませんか?

上回転のボールは回転量やコースを無視すれば比較的簡単なボールです。

ラケットを寝かせてボールの少し上を当てれば簡単に上回転のボールで返球する事が可能です。

それでもミスになってしまう人は肩に力が入りすぎているか、5球目攻撃で決めようと攻め急ぎすぎている時にミスが目立ちます。

合わせるだけでは勝てない相手が多いので、落ち着いてボールの上を抑えながら擦る練習をしてみましょう。

ブロックみたいに安定し、相手コートにバウンドしたら伸びるブロックを習得できます。

是非試してみてください!

目線の違いがミスになる!

だいぶ前の投稿で、下回転のボールはボールを下から見た方が安定すると投稿したことがあります。

上回転のボールはその逆で、ボールを上から見て打球した方が安定します。

スタンスを下回転用、上回転用と変えていると間に合いません。

これは意識として頭の隅の方に入れておくといいですね!

下回転の後の上回転ボールに弱い選手は目線のことを忘れがちです。

この2つを意識すれば、ミスは大幅に減っていきます。

少し意識して練習してみてください!