卓球 簡単に相手を見れるようになるアイテムがある!?それは…

卓球 簡単に相手を見れるようになるアイテムがある!?それは…

卓球では相手のことを良く見ろ!という指導をする人が多いです。
指導者の中にはボールを良く見て打てという人も多くいるのも事実です。
プロの試合動画を見ても打球時にボールを凝視している人が多いですよね?
こうやって書くと何が正解かわからなくなると思います。
多分どっちも正解になります。
この2つを使いこなして卓球をしないと上達しないんだという事を頭に入れて読んで貰えたら嬉しいです。

相手を見る為にお勧めな練習方法

①ブロック練習の時に相手を見るようにしてみる

半面での練習、下回転から3球目攻撃からバック対オールの練習

ブロックをする機会が多くあります。

この相手の練習は自分のブロックの練習だと思いましょう。

ブロックは相手の回転にラケットの角度が合えば出来る技術です。

相手のフォームを見て、どこらへんにボールが飛んでくるのか予測し、ボールの角度を計算してブロックが出来るようになりましょう。

こう書くと難しい事をしているんだなぁ・・・と感じますが、基本的には慣れで対応しています。

何度かやっているうちに話しながらでもブロックが簡単にできるようになります!

ブロックするのに必死にならなくても出来るようになることで、卓球に余裕が生まれます。

相手を見てブロックすることを意識してみましょう!

②ネットを過ぎたボールは見ない

これは自分が打球時の練習です。

打球時はボールを無意識に見てしまうと思います。

3球目、5球目といった複雑なボールを打つ時は特にボールは見た方がミスが減ります。

肝心なのはその後の動作です。

ボールが入るかなぁ?と目で追いかけてはいませんか?

それをしてしまうと体が止まってしまい、次の打球に繋がりにくいです。

ボールがネットを超えた時点で視点は相手選手に向けるようにしましょう。

相手を視界の中心にすれば、ボールは視野に入ります。

自分の打球したボールは全部入る!と強く思い込む事で、ボールを追いかける癖はなくなるかもしれません。

どうしても目でボールを追いかけてしまう場合・・・

ボールを見ない練習をするのが苦手な人にお勧めな練習方法

この練習をすれば、大体の人がボールを見なくなります。

少し危険な練習方法の為、安全第一で取り組んでください!

眼帯をして卓球する事です。

自分の利目と逆の目を隠して卓球してみましょう。

右利きなら左目を隠す感じと考えてください。

視野が狭くなるので、正面を向かないと卓球が出来ません。

ボールを見ようとすると、相手が視野に入らないので少し前を向くようになります。

眼帯を基礎練習の時にすると効果が上がります。

見えない分を想像するイメージ力向上にも繋がります。

是非試してみてください!