卓球 サーブが見えない!?巻き込みサーブに対応しよう!

卓球 サーブが見えない!?巻き込みサーブに対応しよう!

卓球のルールではサーブ時にボールとサポーター2本の三角形内に障害物が入ってはならないという曖昧なルールがあります。
しかし、勝負の世界です。
1本で勝てる!という時にここぞと相手から見えないサーブを使用する選手が多いです。
どうやって対応するのか?考えていきましょう!
相手の心理を読む事で、見えないサーブがこちらのチャンスサーブになる事があります。

相手のサーブが見えなかった…これは言い訳

全ランクの大会で見えないサーブを多用する選手が多い

相手のサーブが見えなかったから負けました。

その通りなんですが、それを負けた原因にしてはいけません。

僕も中部日本の予選で決定戦のフルセット9−9の時に肩で隠す巻き込みサーブを2本出され負けた記憶があります。

これは本当にこのサーブのせいで負けたのでしょうか?

相手がこのサーブを持っているという認識と、試合展開が競ると使ってくるぞという意識で試合を進めておかねばなりません。

大きい大会、小さい大会、そのようなレベルは関係無く、ハイドサーブを使用してきます。

ハイドサーブは出されるという覚悟で試合をしましょう!

相手の心理を見極める

ショートサーブ主体の選手であれば、ハイドサーブは若干長めのアップサーブが多いです。

逆にロングサーブが多めな選手はショート系の下回転サーブが多いです。

遅いロングサーブをハイド系で出す選手は少ないです。

なぜ、ハイド系サーブを使うのか?

答えは簡単です。

サーブで得点を取り、試合に勝ちたいからです。

サーブをレシーブする方法

これは回り込んで2球目を狙ったりしてしまう選手は非常に厳しいレシーブです。

センターラインに陣取り、早いロングサーブをケア出来る位置に立ちます。

短いショートサーブは最悪ツッツキでレシーブ出来れば良いので、ロングサーブを出されレシーブミスでの失点にならないようにだけ注意しましょう!

試合で9-9の時の積極性も大事ですが、堅実に得点を重ねることも非常に大事です。

ルールが曖昧・・・

卓球のサーブのルールは非常に曖昧です。

これが良くてそれが良いとか、審判によってダメな基準が違ったりという事は多々あります。

オープン大会などでは注意されることは殆ど無いでしょう。

しかし、ルール違反をすることは非常に良くない事です。

自分のサーブはルールを守っているかな?と普段のサーブ練習から疑問を持つようにしましょう。

鏡を見てという練習が一番良いですね!

みんな守らないから自分も・・・という人は多いですが、皆がフェアプレーを意識してプレーし

卓球がクリーンなスポーツになると嬉しいです。